オカンが選ぶ、クセになるラーメン店<岡山編>

なぜか食べる前に写真を撮ってしまうラーメン。
SNSに上げることなくオカンのケータイに埋もれてしまった写真を、ここで日の目を見せてあげることにします。

二代目麺処くるり

ヒカキンがわざわざ飛行機に乗って食べに来た!という二代目麺処くるり
2015年に閉店した麺処くるり(東京)の屋号を継承し、2019年11月岡山にオープンしました。ほぼ昼間だけの営業で、夜は不定期で営業しているそうです。

平日にも関わらず長い行列。1時間弱待ったでしょうか・・・駐車場も店の両側に2台ずつしか置けず、少し遠い駐車場を見つけててくてく歩きました。

特製味噌ラーメン880円

太い縮れ麺は、お店の入り口の看板にもあるように東京の「菅野製麺所特製」。濃厚な味噌スープ&白ネギのトッピングにラー油かけ&分厚い炙りチャーシューに黒胡椒。見た目ほどコッテリしてなくて、美味しくいただけました。
食後のお口直しに出されるちっちゃいジャスミンティーも嬉しい。

二代目麺処くるり
岡山市北区伊島北町1−3
11:00~14:30(夜は17:15~不定期営業)
定休日:水曜日

中華そば こうた

海の家を思わせるおしゃれな店構え。
ジーンズ発祥の地・児島だけあって、暖簾はデニムです。

あっさりしたスープは魚介と鶏ガラのWスープ。昔ながらの懐かしい味ですが、昔はこんな美味しいラーメンはありませんでしたw
あっさりしすぎてない適度なコッテリさ、美味し!

中華そば650円

中華そば こうた
倉敷市児島味野4047
営業時間 11:00~14:00/17:30~21:00(土日は20:00)
定休日 月曜日

ラーメンきずな

これはもう、ほれ、二郎系ラーメンといえば岡山ではここでしょう。若者の胃袋をがっつり掴んで離さないコッテリさはオバはんでもそこそこクセになります。

ただ、最初の来店はキンチョーしますよね。

まず、行列に並ぶことなく店内の自販機で食券を購入します。普通が350g、少なめ280g、半分180g、1/3は120g(←これが一般的な量)。量は食券を渡すときに伝えます。

トッピングは「ニンニク入れますか?」と聞かれたときに、「ニンニク・野菜・背アブラましまし」など伝えます。

この注文システムが初めてだと不安ですよね。
そんな初来店のときのことを記事にしたのがこちら。
https://tani-mon.com/archives/671

ラーメン120g 850円(量が少ないと生玉子かチャーシュー1枚のサービスあり)

ラーメンきずな
岡山市北区野田屋町1-2-16
営業時間 11:30~14:15/18:00~23:30(日曜日は22:00)
定休日 毎週水曜日・毎月第4木曜日

天神そば

岡山の老舗ラーメンと言えばここ!お母さんたちが平日のお昼だけやっている優しいお母さんの味のラーメンです。
私がお母さんとなる前からありましたが、お母さんになった今もこうして通っている懐かしいお母さんの味のラーメンです。

赤色のドアが素敵

あっさりした鶏ガラ醤油のスープに中細ストレート麺。美味し!

天神そば750円

天神そば
岡山市北区天神町1-19
営業時間 10:30~14:30
定休日 土日祝

中華ラーメン たぐち

コスコトならぬコストレの帰りに寄ったお店。
「手打ちうどんたぐち」の向かいにあります。なんでもそこのうどん屋さんの店主が始めたとか。

「中華ラーメン」・・・?

うどん屋さんが作るだけあって、澄んだ鶏ガラ醤油スープが美味しい。尾道ラーメンです。岡山だけど。

ラーメン650円

中華ラーメン たぐち
浅口市鴨方町益坂1433
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日

らぁ麺 はんにゃ

店主は、はんにゃ川島さんの奥さんの兄弟だそうです。ヘェ〜。

岡ビルの一角にあります

新潟・長岡生姜醤油ラーメンでほんのり生姜を感じさせてくれます。
そしてチャーシューは「肩ロース」「ウデ肉」2種類。二郎系に慣れたせいか厚みは感じませんが、その方がラーメン自体に集中できてお腹にも優しく安心して食べられます。

醤油中華そば800円

らぁ麺 はんにゃ
岡山市北区野田屋町1-3-3
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:00
定休日 水曜日

まだまだ美味しいラーメンのお店はありますが、とりあえずここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

岡山在住。 子育てに区切りがつき、好きなことを仕事にしようと会社を辞めてはや1年。 ライター講座に通ってみたり、WEBライターをしてみたり、未だ右往左往の日々が続いています。 そんな毎日の中から見つけた、はかなくも楽しく切ない日々のあわを書き留めています。