コストコとコストレのコストについて考えてみた

「岡山のコストコ」の異名を持つ、浅口市鴨方町の「COST TRADER MART」略して「コストレ」。期間限定でコストコの商品を扱うところはありましたが、ここは常設です。会員にならなくても買い物できる、ちっちゃいコストコです!

「浅口はればれスクエア」の一角に。

コンビニサイズのちっちゃいコストコ

場所は浅口市鴨方町。岡山県の南西部、倉敷市の西にあります。
「ちょっとコストレに寄る」というよりは「いざ!コストレへ!」という決意が必要なほどの距離ですね。

コンパクトな店内にはコストコの売れ筋商品がズラリ。

店内は190平方メートル。天井が高いので、圧迫感はありません。
日用品や食料品が充実。

人気のベーカリー商品

オレンジジュースもアメリカンな感じがいいですね。(あ、「薄い」という意味ではありません。サイズがBIGなのです!)

コストレのコスパはコストコより上?

コストレの商品は、神戸や広島のコストコで仕入れているため、2〜3割高く設定。冷凍設備の必要なデリは、少々高めになっています。

ピザやらアヒージョやら。

例えば、ピザ。
コストコは1500円に対してコストレは1873円。1.25倍。それでも3割まで高くないですね。

コストコで冷凍食品を買った場合、家から保冷バッグや保冷剤を持って行ったり、現地で購入したりと、いろいろ準備に手間や経費がかかります。
ここなら買ってすぐに家に帰れば(多分)OK!

そしていちばんのポイントは、コストコのように会員制ではないので「年会費不要」。
これで4400円の節約です。

しかもコストコ会員は1年更新なので、頻度が少ない人は行くたびに年会費払う感じでしょうか。

岡山からコストコ神戸倉庫店や広島倉庫店に行くには、当然高速代もかかるし、ガソリン代もかかります。

この「年会費+高速代+ガソリン代=10,000」と、商品代に上乗せされた2〜3割のコストを考えてみましょう。(ここでは2.5割で計算します)

コストコで1万円の商品を買うと、
1万円+1万円(交通費)=2万円

コストレで1万円の商品を買うと
1万円+(1万円の2.5割=2500円)=1.25万円

これが、2万、3万円の商品でもコストレが安い。

しかし4万円になると、引き分けになり、5万円になると逆転します。

コストコ・・・5万+1万=6万
コストレ・・・5万+1.25万=6.25万

・・・・・。(←慣れない計算に疲れている)

メタボな白ヤギさんと牛柄のオシャレなヤギさんが買い物で疲れたあなたを癒してくれます。

結論は…岡山のコストレじゃな

コストコ商品を5万円以上の高額お買い上げの場合は、コストコ神戸倉庫店に行ってください。それ以下だとやっぱり岡山のコストレじゃな。

<注>ザックリすぎるほどザックリ計算しましたが、きちんとしたい人は自分で考えてください。(そして私をアホだと思わないでください)

平日はひとけもまばら。ゆったりできます。

「浅口はればれスクエア」には飲食店もあるし、ヤギさん2頭いるし、遊具もあるし。買い物以外でも楽しめますよ。

COST TRADER MART(コストレ)
浅口市鴨方町鴨方1083-6
10:00~19:00
入荷情報はtwitterで。
https://twitter.com/asakuchi_hareba



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

岡山在住。 子育てに区切りがつき、好きなことを仕事にしようと長年勤めた会社を辞めてはや3年。 編集・ライター講座に通いフリーライターを目指してみたものの、未だバイト生活。右往左往の日々が続いています。 そんな毎日の中から見つけた、はかなくも楽しい日々のあわを書き留めました。