「アートスペース油亀」でドクロマグカップを購入した件


岡山市北区出石町「アートスペース油亀」の「珈琲のための器展」に行ってきました。

モデルは106歳のおじいさん。渋いっ!

古い街並みが残る出石町

出石町は戦災を逃れた建物が多く残る町です。
「アートスペース油亀」も、築140年を超える建物を2007年に改修しました。

コーヒーのいい香りが・・・
坪庭を見ながら長い廊下を渡った先にも、部屋があります
ブリキでできた倉庫には、ミスマッチな高さの机と椅子

ほっこりしながらも、
選んだのはドクロ

5000点もの作品がズラズラズラズラ〜と並んでいます。
渋めの味わいのあるカップや、クレオパトラや戦国武将の偉人シリーズ、カフェオレにぴったりのボウル型まで。

ズラ〜リ並んだ作家さんたちのうつわ

その中から選んだのは、これ。
ひときわ鮮やかな青色に惹きつけられました。
お値段も2800円というお手軽さ。
娘には「趣味悪っ」と一蹴されましたが。

実際の色はもっと深い青色


アートとかギャラリーとか作家さんとか
こだわりのとか古民家とかホッコリとか
明日からも頑張れそうとか
心地よい空間とか丁寧に暮らそうとか、
そういうのが苦手な人も(それは私)、自分のお気に入りのうつわを選ぶ時間を持つ。たまにはいいもんです。

アートスペース油亀
岡山市北区出石町2−3−1
tel 086-201-8884

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

岡山在住。 子育てに区切りがつき、好きなことを仕事にしようと長年勤めた会社を辞めてはや3年。 編集・ライター講座に通いフリーライターを目指してみたものの、未だバイト生活。右往左往の日々が続いています。 そんな毎日の中から見つけた、はかなくも楽しい日々のあわを書き留めました。